三井住友カードゴールドローンの利用枠と金利について

三井住友カードゴールドローンは、数ある消費者金融や銀行系カードローンのなかでも、より低い金利で利用することができるサービスのひとつです。年率は最大でも9.8%と、10%を超えることがないのが最大の特徴です。

 

では、その低い金利でいったいどれだけの金額を借入することができるのでしょうか?いくら金利が低いといっても、限度額によってはどれだけお得になるのか分かりません。そこで、ここでは三井住友カードゴールドローンの限度額について、具体的に見ていきましょう。

 

他社のカードローンの限度額と金利の関係は?

まず、ほかのキャッシングではどのような限度額と金利の設定になっているのか、見ていきましょう。たとえば、消費者金融の大手であるアコムでは、年率4.7〜18.0%で限度額500万円まで、モビットは、年率3.0〜18.0%で限度額1〜800万円までとなっています。

 

一方、銀行系カードローンでは、三井住友銀行カードローンが年率4.0〜14.5%で限度額800万円まで、みずほ銀行カードローンが年率3.5〜14.0%で限度額1,000万円までとなっています。これに対して、三井住友カードゴールドローンでは、年率3.5〜9.8%で限度額は最大700万円まで設定することができます。

 

この数字を見るだけで、利用限度額については銀行系カードローンとくらべてもそれほど遜色なく、消費者金融ともほ変わらないということが分かります。しかし、金利を見てみるとほかより圧倒的に低いので、いかにお得に利用できるかということが分かると思います。

 

利用限度額に合わせて金利が変わる

三井住友カードゴールドローンでは、金利の設定がとても分かりやすくなっています。その数字は利用限度額ごとにはっきりと決められていて、最大の700万円で3.5%、500〜690万円で4.5%、300〜490万円で7.8%、そし290万円以下で年率が最大の9.8%となります。

 

消費者金融のカードローンでは、あくまで金利の幅が示されているだけで実際にどれだけの数字に設定されるか分からないことが多いので、それにくらべると、あらかじめ利息分についても返済計画をしっかり立てて申し込むことができます。

 

一方、銀行系カードローンでは、三井住友カードゴールドローンと同じように、利用限度額ごとの金利ががっきり示されています。それを見てみると、銀行系カードローンでは200万円以上で年率が10%を割ることが多いので、200〜500万円の利用限度額では、三井住友カードゴールドローンよりもお得になるケースも多くなります。

 

しかし、三井住友カードゴールドローンには、これに加えて独自の「適用利率引き下げサービス」があります。これは、返済を延滞することなく行っていけば、1年ごとに年率が0.3%ずつ下がっていくというもので、5年間まで適用されるので、最大で1.2%分差し引かれることになります。

 

この点もふくめて計算してみると、銀行系カードローンよりもお得に利用できる範囲がさらに広がるので、よくチェックしておきましょう。もし、すでに利用していて利用限度額を増やしたいときには、窓口か相談センターまで問い合わせてください。

 

総量規制の対象になるので注意!

三井住友カードゴールドローンは、銀行系の「三井住友銀行カードローン」と勘違いしやすいのですが、実際には同じグループのクレジット会社「三井住友カード株式会社」の提供するサービスです。つまり、三井住友カードゴールドローンは信販系カードローンとなるので、総量規制によって年収の3分の1までしか借入することができません。

 

銀行系カードローンとくらべて、よりお得に利用できる500万円を借入をしようとすれば、かならず年収は1,500万円以上なければならないということです。これは、かなりの高年収といってよいでしょう。もちろん、それ以下の借入額でも、消費者金融とくらべればかなりお得に利用することができるのですが、やはりゴールドというだけあって、より年収が高い人ほど有利に利用することができるようになっているわけです。

 

もしも、500万円を超えるほどの高額の借入を行うと考えている人は、ぜひ銀行系カードローンに申し込む前にこちらを検討してみてください。

公式サイトはコチラ


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし